新百合ヶ丘の歯医者さんフェリーチェデンタルクリニック  人気クリニックのインテリア

小田急線新百合ヶ丘で最近評判なのが オーパ2Fにできたフェリーチェデンタルクリニック。 川崎市麻生区上麻生1-1-1 2F 【電話番号】 044-959-2285 駅のそば・夜遅くまで予約できる・そして、ホワイト×ブルーのインテリアも快適で、つらい歯医者さん通いが少し楽しみになるかも… クリニック 病院のインテリアが注目さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サクラフルールというチャーミングなホテル

最近出たHANAKOで印象に残ったのが サクラフルールという青山のホテル。 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-14-15 TEL: 03-5467-3777 外資系豪華ホテルがトレンドの時代だからこそ、 こんなキラリと光るインテリアのプチホテルに惹かれる。 ホテルのオーナーのセンスのよさがしのばれる洗練された…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

北青山のカフェラボエムで

表参道で待ち合わせ…というときにおすすめなのが、 北青山のカフェラボエム。 東京都港区北青山3-6-25 電話 03-5766-1666 女性が多く、禁煙フロアがあり、しかもリーズナブルな価格でおいしいサラダやパスタが揃っている。 何より待ち合わせが苦にならない、居心地のいいインテリアが好き。 おすすめは アボカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホームファニシングセンター イケアジャパン

来春OPEN予定のイケアジャパンのオープンが楽しみ。 添付画像は本家スェーデンのイケアジャパンの子どものための空間提案と家具。 跳び箱として使える箪笥、こどもがおもちゃや自分の道具をもちあるけるかわいいトロリーワゴンなど、みているだけで思わずにっこり! 日本のホームファニシングセンターといえば,ニトリやフランフランなどが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

建築家ヴォーリズ(William Merrell Vories) と祖母の思い出

今から約60年前のことですが岐阜の郡上八幡に祖父母が暮らしていたときに、 建築家のヴォーリズご夫妻が避暑にいらして、一夏を過ごされたそうです。 祖母はご夫妻と一緒に蛭が野高原まで合掌づくりの建物をみるために案内したり、 生け花や日本画の制作風景を披露したそうです。 ヴォーリズ氏が奥様をとても大切にされていることが印象に残って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スターライトで楽しいエントランスに

夏になるとスターライトという照明器具が使いたくなる。 直径25センチ程度のsサイズを3つくらい並べて使うのが私のおすすめ。 機能一点張りになりがちな照明器具だけど、廊下やエントランスにこんなお茶目な照明があると なんだかほっとする スターライトはhttp://www.galeria-info.com/shop/starlamp…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホテルフォックスのインテリアに注目!

車で有名な会社の系列ホテルとはとても信じられないすばらしい内観のホテルです。 雑誌でみかけたときに お客さん同士がお互いに自分の宿泊の部屋を見せ合うというコメントがあって笑いましたが まさにその気持ちわかりますね。 http://www.hotelfox.dk/rooms/309.html
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小笠原伯爵邸で金婚式その2

小笠原伯爵邸はいまハウスウエディングで注目のスポット。 〒162-0054 東京都新宿区河田町10-10 TEL 03-3359-5830 FAX 03-3359-5831 写真は今回の金婚式のために用意してくださった特製ケーキです。 結婚式のケーキカットと同じように、スタッフのかたの誘導で両親がケーキカットをしま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

珪藻土の魅力を楽しめる「プランツ」

宮前区にあるサメジマコーポレーションでは、毎月珪藻土講習会を開いている。 わが家もそれに参加して、珪藻土塗りを体験してからリフォームに取り組んだ。 リターナブルパウダーという名前からもわかるように、失敗したら、水でぬらして元にもどすことができるので,おおらかな気持ちで取り組める。 リフォームで何か一つ自分たちの手でという向きには…
トラックバック:9
コメント:46

続きを読むread more

夏のデートはムーンニンフで

ちょっと遠出して、夏の夜を楽しく過ごしたいという方にぜひおすすめしたいのが 茨城のムーンニンフというレストラン&バーです。 http://www.moon-nymph.com/restaurant.htm ムーンニンフ 0297-45-9929 〒302-0125 茨城県守谷市高野1858-2 月の夜、それこそ妖精が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋岡芳夫の作った男の椅子とモノモノ

工業デザイナーの秋岡芳夫さんがデザインしたモノを中心に、 気取っていないけ気持ちのいいものばかりを厳選したお店が モノモノhttp://www.monomono.jp/index.html なかでもおすすめなのが男の椅子 座面が低く、長いあいだ座っても疲れないいい椅子。 BC工房の椅子が好きな人にもおすすめ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

9坪の家をつくった、井端建築さん

数年前に話題になった9坪の家(設計小泉誠氏)の工事を担当したのが、 三鷹の井端建築さん。 東京神奈川地区で設計事務所からの仕事を請け負う実力のある工務店です。 たまたま、近所でこの井端建築さんが仕事をしているところをみかけ、わが家も リフォーム工事をお願いしたことがあります。 小さな仕事でしたが、階段手すりのつけ方など細部…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シェーンブルン宮殿のマリアテレジアのベッド

8月4日NHKで放映されたシェーンブルン宮殿の番組がおもしろかった。 非公開だという庭園の間はだまし絵の原点というイメージだし、 こどもたちが書いた絵が彩る陶器の間もすごい… マリアテレジアという孟母に感心した60分だった。 家(といっても1141室もある宮殿だけど)にいながら世界を旅することができるなんて、 統治者の考える…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オーバーカウンタータイプのステンレスシンク

今は無人となっている実家を家族で改築している知人からの相談で、 安くて個性的なキッチンを作れないかとのリクエスト。 既存のユニットキッチンを撤去して 集成材のカウンタートップにオーバーカウンタータイプのシンクを落とし込むことに。 ステンレスメーカーでオーダーすると高くなってしまうので、 キッチンキッチンのシンク http…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツァイヨシコさんの描く“だまし絵”

みんなの住まいhttp://blog.37sumai.com/essay_blog/tsai/cat1/index.htmlというブログにある ツァイヨシコさんの暮らしのアトリエというブログが楽しい。 ご自分で改装を重ねたインテリアのチャームポイントになっているのが だまし絵 刺激的なヒントが満載で楽しい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新百合ヶ丘「遊楽」のシンプルナチュラルなアイアン家具

アイアンをつかったインテリアというと、渦巻きのようなデコラティブなもの(ロートアイアンなど)をイメージしがちですが、 遊楽の黒田さんのつくる家具はシンプルで和の空間にもぴったり。 新百合ヶ丘にきたら、ぜひエルミロード2階の遊楽へ。黒田さんの作品に出会えます。 このお店の「豆かん」とてもおいしくておすすめです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

工房スタンリーズでオリジナルソファをオーダー

雑誌室内などで紹介されている藤塚さんのお店が 工房スタンリーズhttp://www.stanleys.co.jp/main.html このお店の商品の魅力は使い込んではじめてよくわかるものです。 わが家のリビングのソファは20年以上前に池袋のハビタで買った安物なのですが5年前にスプリング部分のみスタンリーズで制作してもらいま…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

八王子パペルブルグ

八王子鑓水にあるパペルブルグという喫茶店の近所に住むお客様から、 ぜひ、パペルブルグのようなトイレにリフォームしたいという注文があった。 トイレの蛇口には銅のケトルが使われ、タイルはデルフトタイルかなとおもったが、 後で調べたらどうやらINAXのものらしい。 フレスコ画の壁絵は一見の価値あり。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大型ステンシルプレートはどこで手に入れる?

大型のステンシルの型はネットで購入することもできますが、 私は自分で作ってしまいます。 東急ハンズなどで売っているポリセームといううすいシートをアートナイフで切り抜いて作ります。 とりあえず買ってみたいという方は デポーや http://www.arcamedia.co.jp/purosiyou-stencil.htmという…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヴォーリズが北海道北見に建てたピアソン邸

近江兄弟社を興し、建築家としても有名なヴォーリズが北海道に建てた ピアソン邸が現存するという記事が5月18日の日経夕刊に掲載されている。 http://www.hokkaido-jin.jp/heritage/10.html 小さくてシンプルだけど、なんだか親しみやすい外観がほのぼのとした印象だ。 近江八幡市ではいまだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カールベンクス氏による戸民家再生プロジェクト

5月27日日経夕刊にドイツ人建築家カールベンクス氏による古民家再生プロジェクトが紹介されている。 http://www.k-bengs.com/ こちらのサイトでは古民家再生プロジェクトの流れをみることもできる ダッシュ村ではないけれど、日本の家って本当にきれいだと思い、それを保存するために 海外の建築家が熱心に取り組んでいる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なんちゃってガウディスタイルのルーフバルコニー

今日は本当にさわやかな1日でしたね。 “どこかにいきたいなぁ”とおもっても時間もお金もない私。 夢みるのはなんちゃってガウディスタイルのルーフバルコニーです。 こんな屋上があったら、さながら家庭内別荘気分で遊べそう 気分転換できそうでいいですね! ちなみに このルーフブルコニーは都内西馬込のカサメヒカーナという賃貸住宅の屋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

下北沢のセレクトSHOP「アマレナ」のインテリア

小田急線下北沢駅から約10分ほどの閑静な住宅地のなかに アマレナという築25年の個人邸をリフォームしたセレクトショップがある。 1階ではファッション性の高い衣類アクセサリーがメイン、2階は月に何回か ワークショップが開かれている この2階のインテリア特に色彩計画が印象的だ。 押さえたグリーン・やわらかなレモンイエローにペイン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギリシャのperivolasホテルとフィンランドのアイスホテル

一度はいってみたいのが フィンランドの氷のホテルJukkasjärvihttp://www.icehotel.com/ (食器もベッドも氷という雪の女王のお城なみのホテルという噂) ギリシャのpervolasというホテルhttp://www.perivolas.gr/flash/ 青い海と青いそらがあると家の中は真っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

魯山人の住まい春風駘蕩荘in笠間

陶芸家であり書家であり美食家でもある魯山人の住まいが茨城県の笠間に移築されている。 印象に残ったのは、浴室に魯山人みずからが焼いた陶板(タイル)で作った浴室と 馬小屋スタイルのすばらしい書斎にあるステンドグラスと青い照明。 薄暗い室内のなかで鮮やかなステンドグラスと鮮やかな青いガラスの照明が心にのこった。 茶室や和室も見事なの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子供部屋にステンシルのネコを描きました!

10年ぶりに子供部屋にステンシルを追加。 小鳥をじっとながめる青いネコです。 ステンシルの型はわがやのクラフトマンが制作したものを再利用しました 10年前の部屋はhttp://bird-cat-dog.at.webry.info/200505/article_7.htmlこちらに
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

shall we dance?

日本版shallwedannceと米国版shallwedance?を見て、いちばん心にのこったのは、 住宅水準のギャップ。 米国版は弁護士で日本版は公務員という社会的なステータスの違いをふまえたうえでも、 やはりアメリカの住宅はいいなぁと思う。 仕事を持ちながら夜はPTAの友人と「おつきあいもする主婦で、しかもキッチンはシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タラベラタイルの魅力をわが家に

最近心惹かれるのは、メキシコやモロッコの強烈なインテリア。 ドライでスッコーンと突き抜けるような青空という風土あってこそのインテリアだ とは思うけれど、 梅雨対策として、あの元気なインテリアを わが家にもちょっと取り入れてみたい気分になる。 そこで、メキシコのタラベラタイルをわが家のデッキにも貼り付けてみるプロジェク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ステンシルで描いた“なんちゃって窓”と”なんちゃってネコ”

“ここに大きな窓があったらどんなに気持ちいいだろう” と思っていた壁にステンシルで窓を書いたのは、今年の春のこと。 窓の外のそのまた向こうという絵本のことをおもいながら、 楽しんでかきました 外をながめているのは、 今は亡き太朗くん(ネコ)です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

隈研吾氏設計「ホワイトガーデン」はクールモダンな住宅派に

建築家隈研吾氏が設計したホワイトガーデンは、シンプルで照明設計などでもお手本にしたい 住宅です。 実際に見学するとあまりの完璧さに鏡に映る自分の姿が信じられないほどきたなくてつらくなります (反省…) 家にかえったらステテコ(冬はハンテン)でこたつにもぐりこんでごろごろする向きにはおすすめできないかも… ゲストハウスとしてな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベッドサイドにロマンチックなフロス社のBLOを!

主寝室のベッドサイドにどんなフロアスタンドを置くかで夫婦がもめるケースがある。 寝る前に音楽を聞きながら雑誌を読みたい妻と ごろごろしながら野球中継をみたい夫となれば、それもむべなるかな… クールモダンなインテリアにベッドルームをまとめたいというご要望のお客様に おすすめしてみるのが、フロス社のろうそく式テーブルライトだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トードボーンチェのガーラントが欲しいなぁ

トードボ-ンチェのガーラントは窓辺にシンプルに飾って、太陽光でできる影を楽しみたいものです。 「これを飾ったら、猫が飛びつくぞ!」といわれて泣く泣くあきらめていますが… 猫だって飛びつかずにはいられない魅力あるデザインです。 http://webdb.scope.ne.jp/artecnica/untildawn/index.h…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アトリエLZCのロマンチックなステッカー

アトリエLZCの製品、最近エルデコでも紹介されているようです。 吉祥寺のlylypadというお店でも販売しているようですね。 http://www.lyly-pad.com/index.htm ステッカーや鏡などおもしろいなぁとおもいました。小さなコーナーなどに取り入れてみたいですね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランスのアトリエLZCのインテリアアイテムでプチロマンチック

オランダのトードボーンチェとともに注目をあびているのが、 フランスのアトリエLZCのインテリアエレメント http://www.atelierlzc.fr/ 小鳥は花をモチーフにした甘すぎないロマンチック加減が気に入っています。 そういえば、小笠原伯爵邸も「小鳥のお屋敷」と呼ばれていて装飾モチーフに小鳥が使われています。それだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガラス用フィルムで窓を飾ろう!

賃貸住宅の浴室の窓や 住宅密集地でお隣の窓と向き合った窓装飾を考えるときによく使うのが ガラス用フィルムです。 サンゲツや中川ケミカル(フォグラスという商品名)http://www.cs-nakagawa.com/foglas/foglas.htm などが有名ですが、 外からのプライバシーを守りながらも室内の明るさを確保でき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リリエンベルグの魅力をわが家に取り込みたい

新百合ヶ丘のリリエンベルグではお茶を飲みながら、建物を楽しむこともできます。 ディテールのつくりこみが楽しくて 思わず何回もケーキを買いにでかけることに… やおやさんや肉やさんと違って、お菓子やさんというのは、ハッピーな気持ちの時に でかけることが多いので、やっぱりこんなインテリアだとうれしいですね。 こちらのアイア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミシン脚のテーブル

プレリアル成城というお菓子やさんでみかけた ミシン脚テーブルが気に入っています。 ミシン脚のテーブルはネットでも2万~4万程度で手に入るようですが 私はこのお店のシンプルなミシン脚テーブルが好き。 時間を掛けて探そうとおもっています。 どうせ作るなら 工業用シンガーミシンの脚がいいですね。 http://w…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リリエンベルグのインテリアをわが家にも

わが家にタイルを貼ろうというきっかけになったのが 新百合ヶ丘のお菓子屋さんリリエンベルグのインテリア。 モザイクでつくったお菓子の木や アイアンの手すりは新百合名物です。 もちろんケーキもおいしいので、 このあたりでホームパーティをするミセスは お客様の手みやげにリリエンベルグのお菓子を予約することも多いんです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アイアン好きなら要チェックリリエンベルグのインテリア

プロバンススタイルの住宅が量産されるようになって、 アイアン製品も注目を浴びるようになりました。 鉄はさびる…と敬遠しがちですが、 アイアンに興味があるなら、是非一度リリエンベルグというお菓子屋さんをチェックしてみてください。 厨房にアイアンのネズミがいたり、 アプローチの手すりでリスがお出迎えしていたり… なんだか心があ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小笠原伯爵邸で金婚式!

この春結婚50年を迎えた両親が新宿河田町の小笠原伯爵邸で金婚式を祝った。 ハウスウエディングで評判の高い小笠原伯爵邸だが、かつて 小鳥のお屋敷と呼ばれていたほどで、エントランスホールのステンドグラスの意匠など細部の装飾がすばらしい。 もちろん料理やシャンパンも最高だったけれど、それ以上に心に残ったのが スタッフの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホテルモリノのスイートルームのインテリア

新百合ヶ丘のホテルモリノのスイートルームは 一言でいえば 用と美をかねたデザイナーズホテル。 シンプルなシャンデリア・壁に飾られた薄墨桜の絵と壁の色 そして家具の色。 世界中のホテルを巡り歩いた建築家が作った チャーミングなホテルとして、 地元でも人気のホテルだ。 結婚記念日には、割安なプランもあるので、 結婚記念日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホテルモリノスイートルームのBEDまわり

小田急線新百合ヶ丘駅そばのホテルモリノのスイートルームは 建築家浦一也氏設計のスタイリッシュなインテリアが印象的 特に印象的なのがベッドまわりの照明の使い方 照明器具そのものにはコストをかけずに、ドラマチックなムードを作っている。 ベッドルームにダウンライトやブラケットをつけてしまうと、 夫婦の片方が眠りたい時に、まぶし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラスティックデザインを日本で楽しむ方法

ラステックデザイン(rustic design) といえば、ラフなタッチ素朴なテイストを楽しむものだが、 几帳面な日本人にはどちらかといえば向いていないのでは… といわれてきたスタイルです。 日本でラスティックデザインのインテリアを頼もうと思えば、 東京のファッツハプニングhttp://www.happening.co.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こども部屋にステンシル絵を描こう!

まだこどもが小さかったときに、 ベッドのヘッドボード部分に小鳥の絵をステンシルで描いたことがある。 今から10年も前のことだけど… 照明ブラケットの上に小さな青い鳥がちょんととまっている感じにして、こどもも そのころは 「かわいい!」と喜んでいたものです。 ステンシルを描くとどうしても描きこみすぎてしまうのが難。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more