木のブラインドとアルミのブラインド

ウィンドウトリートメントで唯一のこだわりが木のブラインド。
高気密高断熱住宅で、東南への開口が多く 雨戸も庇もない我が家は 締め切った状態で外出すると 夏場はむっとするほど暑くなる。画像

試行錯誤の末、夏になると窓の外側にヨシズをはり、午前中はブラインドのスラット角度を調整して日射の遮蔽と通風の確保をこころがけるようになった。

冬場は スラット角度を調整して、なるべく午前中の日差しを室内に溜め込んでおくようにしている、木のブラインドは熱容量が大きいため、うまく使うとブラインドと開口の間の空気層の温度を上げて、一種の断熱材のような役割を
はたすらしい。

見た目のよさだけでなく、済んでみても気持ちのいいところが、エコ時代の木のブラインドの魅了のようだ。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック