白州正子の自邸武相荘のインテリア

画像
小田急線鶴川駅から20分ほどのところに、武相荘という白州正子の自邸が公開されている。
「あぁ、日本人ならこんな家に一度はすみたいよなぁ」と思うチャーミングポイントが満載の住まいだ。
個人的におすすめなのは、
昔の杵をつかった郵便ポストや、いかにも仕事がはかどりそうな書斎コーナーそして、
居心地のいいダイニングルームなど。
魯山人とならび日本を代表する審美眼をもつ人の住まいなのだが、
なんともいえず暖かいはーとを感じるインテリアに心がなごむはず。

そうそう、鶴川に行ったあとはぜひ笠間にある魯山人の自邸春風駘蕩荘へ!
審美眼を持つひとのすまいというのはこういうものかと圧倒されます。
白州正子と魯山人のステンドグラスの扱いかたにも注目!

旧白洲邸 武相荘(ぶあいそう)
■住所 〒195-0053 東京都町田市能ヶ谷町 1284
■電話 042(735)5732

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック