ステンシルで元気のでるインテリアに

画像
築11年目のわが家。
11年前は子供もまだ小さくてかわいく、
もちろんわたちたち夫婦も若くて、シンプルでモダンな感じが好きだった。
でも…
こどもが大きくなるにしたがい、住まいに求めるものも変わってしまった。

まず、アンティークホワイトという暖かみのある白で仕上げたペイントの壁が
とてもつらくなってきた。
そんな時に出会ったのが 幼稚園リフォームの仕事で経験した
ステンシルだった。

ステンシルは絵心のあるなしはあまり関係がない。

もし必要とすれば、“あそびごころ”のほうかもしれない。

最初に経験したステンシルのテーマは

“音の部屋”というイメージで、たくさんの音を感じる空間
音楽の森というイメージを表現するものだった。

楽しかったです。


ステンシルをはじめるにあたって参考にした本が5冊あります。

Jan Dressler's Guide to Beautiful Stenciling

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック